何かに挑戦する時は、まず初めにハードルを下げろ

何かに挑戦する時、いきなり高すぎるハードルを設定していませんか?


ムキムキになりたい…!今日から毎日筋トレを2時間しよう!

ブログ始めた!毎日3記事は更新するわよ!

ギター始めた!とりあえずPurple Haze弾けるようにしてやる!

それって意気込んだその日はやると思うんです。

 

ただその1週間後はどうなってましたか?

 

恐らくですが、3日後か4日後にはもう継続出来ていないと思います。実はワイもそのような経験があるのでよく分かります。

何かに挑戦し始める時は、モチベーションだけが先行して無理な目標を立てがちなんです。

 

冷静に分析してみましょう。

 

まず原因はハードルが高すぎる事にあります。これに対する解決策は何なのかと言えば、簡単です。

ハードルを下げる事です。

 

いきなり強い敵は倒せない

何事もいきなり強い敵は倒せません。

 

例えば、「ボクシング始めたてのワイ」がいきなり「マイクタイソン」を倒せるでしょうか?

 

こおり

こおり
うん。余裕で無理(笑)。

何故なら、それだけの実力を「初心者Aさん」が兼ね備えていないからです。

  • 経験値
  • 筋肉
  • 精神力
  • テクニック

どれ1つとして、マイクタイソンに勝てるものがありません。

 

だからまずは自分と同じくらいの実力の選手と戦って、経験値を積んでいかねばなりません。それと同時に筋肉もつけて、精神力も鍛えて、テクニックもつけていかねばなりません。

少しずつレベルアップして、マイクタイソンを倒せる実力を身につけなければ、勝てません。

  • 強い敵=高いハードル
  • 弱い敵=低いハードル

まずは弱い敵を倒す事、つまりは低いハードルを超えることから始めないといけないんです。

 

そして、そこから得られるものがあります。

 

ハードルを下げると起こること

成功体験が積めるようになります。

「強い敵」と「弱い敵」どちらの方が倒しやすいかは明白ですよね?「高いハードル」と「低いハードル」どちらの方が超えやすいかは明白ですよね?

 

先程挙げたボクシングの例で考えてみます。

 

弱い敵と戦っていけば弱い自分でも、何試合かに1度は勝てるようになります。

  • 勝てる訳がないマイクタイソンに10回負け続ける
  • 弱い敵と10回戦って、5回勝って5回負ける

前者も後者もどちらも得られるものがあるかもしれません。ただ決定的に違っている事があります。

前者に比べて、後者は5回も成功体験を積んでいるんです。

 

じゃあ、成功体験を詰むとどうなると思いますか?

 

挑戦する事が楽しくなるんです。

 

楽しくなったらもう1回やる。もう1回やれば、また成功体験が詰める。そして、もっと楽しくなる。

こおり

こおり
最高の循環だね。

 

最高の循環

  • ハードルを下げる
  • 成功体験をつめるようになる
  • それが楽しくなる
  • もう一度やる

これが最高の循環です。楽しんでかつ成長出来るんです。

辛い思いしながら成長するのと、楽しんで成長するのどちらがいいですか?

 

しかも、楽しんだ方が成功に近付く事が出来ます。

  • 楽しい=モチベーションを維持できる
  • モチベーションを維持できる=継続できる
  • 継続できる=成功に近づく
こおり

こおり
どっちが成功に近いのかは明白だね。

 

まとめ

何か始める時、最初の内はハードルを下げるべき。

  • 小さなハードルでもクリアさえすれば、それが成功体験になる
  • 成功体験が積めれば、それが楽しくなる
  • それが楽しいと思えたら、またやりたいと考える
  • もう一度やる

これを積み重ねる事によって経験値が溜まってって、どんどん高いハードルを越えられるようになっていく。

楽しんでやってるだけなのに、成長も出来るっていう最強の循環が生まれます。

 

この循環が生まれると、物事に楽しみながら取り組むことができます。

  • 楽しい=モチベーションを維持できる
  • モチベーションを維持できる=継続できる
  • 継続できる=成功に近づく
こおり

こおり
ハードルを下げる事は正義!

 

逆にいきなり高いハードルを設定すると、それを超えるまで成功体験は生まれません。だから、楽しいと思わない。だから、またやりたいと思わない。最低の循環です。

どちらの循環を作りたいですか?

ワイは最初の方の循環にしたいです。何故なら、ワイは人生を楽しみたいから。

 

何かに挑戦する時には、何事にもハードルを下げていきましょう!

関連記事

【最速・最短】読書オタのワイが教える、行動する為の読書術

「言い訳」ではなく「理由」と相手に印象付ける方法

【強くなりたいあなたへ】男が物理的に強くなるべき5つの理由

【1日で十分】電気工事士二種の筆記を10時間の独学で合格した方法

SHOWROOM社長.前田裕二のアツすぎる名言10選【人生の勝算】

社会人が資格取得を目指す際、資格以外で得られる5つの能力について