パンチラの魅力について真面目に考察してみた

パンチラって偉大だよね

断言します。パンチラが嫌いな男はいません。

電車や階段でパンチラチャンスがあると、確実に目を奪われます。もうガン見します。穴があく位ガン見します。ってかもはや穴を開けます。ピッコロみたいに。

けど、ふと冷静になってみると思うことがあるんですよ。

こおり

こおり
あれ、なんでこんなに興奮してんだろ。何に対して興奮してるんだろう。シンプルに疑問だ。

今日はこの神秘について考えてみようと思います。

 

見えないからいい

実際にパンツが見えてしまったら、大して興奮しないんですよね。

こおり

こおり
あ、ラッキー!

くらいのテンション。やっぱりパンツは見えないからいい。

太ももやふくらはぎを見て興奮してるって説もあるんだけど、それもなんか違う。なんか違うというか、それだけではないといった感じ。

確かにふくらはぎから太ももまでのラインは芸術的。男の性的欲求がくすぐられてるのは間違いないけど、それは魅了の一部であって全てでは無い。

確実に性的欲求意外に別の欲求が刺激されている。

 

性的欲求意外も反応してる?

昔の友人が言っていた事があります。

最初から女優が裸のAVとか、興味ねえわ。

すごく腑に落ちる言葉でした。「確かに…。」ってなりました。

 

そもそも、目の前に裸の女性がいても、さほど興奮はしません。

こおり

こおり
というかセックス中ですら脳内は冷静で、そこまで興奮してる訳ではない。

「あんな感じのことして、ああなって、こう終わるんだろうなー」って大体予想がついて、実際、それ以上でもそれ以下でもない。

可愛い子でも可愛くない子でも、相性が良い子でも相性が悪い子でも、さほど変わりません。大体予想通り。

答えが分かってるから、そこまで興奮しない。

なのに、パンチラに対しては異常なまでに興奮する。

  • セックス→さほど興奮しない
  • パンチラ→やたら興奮する

この事から、男がパンチラに魅力を感じるのは、性的欲求以外の欲求が反応しているということ。では「性的欲求以外の欲求」とは何か。

 

それは「答えを知りたい」という欲求だ。

 

「答えがない」という不安定さ

今まで我々は、学校教育において「答え」を導き出すよう教育されてきた。

数学でも国語でも、その問いには必ず「答え」があった。「答え」を知ることが出来た。「答え」があるという状態が当たり前だった。

だから我々は「答え」が分からない状態を耐えられない。

数学や国語の問題とは違い、パンツの色の「答え」を得る事は出来ない。「答え」がある状態が当たり前の我々が「答え」がない状態に置かれてしまう。

だからこそ、感情を揺さぶられる。そして、惹かれてしまう。

 

こおり

こおり
全裸の女性に対してさほど興奮しないのは、「答え」を手にいれてしまうから。

「全裸」という「答え」を完全に得てしまえば、想像力を掻き立てる必要はない。そうすると残るのは、性的欲求のみとなる。

当然の事ながら、魅力は弱くなる。

 

諸説ある

こおり

こおり
上であげた以外の欲求が反応している説もある。諸説アリ。

とある友人に聞いたところ、「パンチラはシュレティンガーの猫と一緒なんだよ。」という事を耳にした事もある。本当に様々な説があると思う。

パンチラの魅力に関しても、「答え」は存在しないのかもしれない(ドヤ顏)。

ただどちらにせよ「パンチラ=最高」という事に変わりはなくて、たったそれだけで男に生まれてよかったと思える。

パンツが見えそうで見えなかった時、なんとも言えない気持ちになるが、それもまた一興。それはそれで面白い。

 

女性にムカつく事なんていくらでもある。

けど女性は存在するだけで男に「一興」を与えている事を忘れてはいけない。パンチラを通じて、女性に感謝できるような男になろう。

 

こおり

こおり
あと、この記事が刺さった変態思想家のあなたにはこの記事がオススメ!

関連記事

生きる意味?ある訳ないじゃん、そんなの

関連記事

1ヶ月でギャンブル依存症を克服する4つのステップ

生きる意味?ある訳ないじゃん、そんなの

成功しても成功なくても、そんなのどっちでもいい理由

【強くなりたいあなたへ】男が物理的に強くなるべき5つの理由

【学歴コンプのあなたへ】お前はいるべくしてそこにいる

見た目と中身のギャップに苦しんでるあなたへ