ゲームのレベル上げは楽しいのに、人生のレベル上げは面倒くさい原因とその解決策

昔、ポケモンのレベル上げをコツコツこなすことが楽しかった。

人生も同じで、レベル上げが存在する。

  • 資格の勉強をする
  • 人脈を増やす
  • 忍耐力をつける
  • 影響力を手に入れる

こういう事を繰り返していけば人生が楽しくなっていくのは分かる。

けどいざやってみようとすると、地道な作業が多くて、

こおり

こおり
あーー面倒くせえ…。

ってなる。

 

地味な作業という点では、ポケモンのレベル上げとさほど変わらないのに、なんでこんなに面倒くさいんだろう。

  • 面倒くさい原因はどこにあるのか
  • どうすれば面倒くさくなくなるのか

それについて考えてみました。

もし人生のレベル上げが面倒くさいと思うなら、参考にしてみてください。

 

ワクワク感がないから

ポケモンの場合、ワクワク感があります。

ゲーム序盤はタケシのイワークにさえ苦戦していたのに、最終的にはワタルのカイリューを倒せるようになっている。

最初、マサラタウンで一緒にオーキドからレベル5の御三家をもらったライバルと、最後はチャンピョンの座を奪い合う戦いをするんですよ。

こおり

こおり
いや、展開アツすぎでしょ。

そりゃワクワクするに決まってるよ。

 

あなたは、人生にこれ以上のワクワクを持っていますか?

 

実際は、持っていない人が多そうです。だって、ワクワクしながら生きてるなら、電車のサラリーマンはあんな目が死んでないですもん。

  • 自分に出来る訳ないじゃん
  • あれは不得意
  • 恵まれなかったから無理

って、殻にこもって、等身大の目標を探していませんか?

それはそれでアリだと思います。

ですがレベル上げをして、上を目指すなら燃料が足りないと思うんですよ。

こおり

こおり
ワイ、本当は何をしたいんだろう。

ってことを心と相談して、見つけていきましょ。

そうやって心の底から「目指したいもの」「手に入れたい現実」を見つければ、もっと人生に対してワクワク出来る。

 

他人と共有出来てないから

ポケモンは友達とやっていました。

ゴーストをゲンガーに、ユンゲラーをフーディンにするにも、友達との通信交換が必要ですからね。

 

こおり

こおり
ポケモンをネタに友達と話をする事って、めっちゃ楽しかったじゃん?

あれって、ポケモンを友達と共有してるから楽しいんですよ。

 

だったら、誰かと共有する事で人生のレベル上げも楽しくなるかもしれません。

本当にだれでもいいんです。

  • 昔からの友達でもいいし
  • 同じ職場の仲間でもいいし
  • 別の事でも頑張ってる人でもいいし
  • ビジネス相手でもいい

それを誰かと共有する事が、また一つ、レベル上げを面白くしれくれるかもしれません。

 

「つまらないもの」と認識しているから

  • 勉強=つまらない
  • 仕事=つまらない
  • ゲーム=楽しい

こんな固定概念を持っていませんか?

もし持っているなら、

 

ぶっ壊せ。

 

こおり

こおり
つまんないって思ってるからつまんないだけなんじゃないの?

勉強も仕事も、自分次第でいくらでも楽しむ事が可能。

  • 時間制限をつける
  • 効率的にこなす方法を考える
  • とにかく没頭する

自分から作り出せばいくらでも楽しめる事が出来る訳です。「つまんね〜〜」って言うなら、努力してから言ってください。

 

人って自分が思ってる以上に、今まで与えられた物の考え方に縛られてるんです。

自分の思考をもっと疑って下さい。

「勉強=つまらない」とか「仕事=つまらない」とか、そういう固定概念をぶっ壊して、人生を楽しんでいきましょう。

 

数値化されていない

ポケモンの場合、敵を倒すとその場で経験値がもらえます。

  • 敵を何体倒して
  • どれだけの経験値が入って
  • 何レベル上がったのか

っていうのが瞬時に数字で理解する事が出来る。そう。数字で。

 

それに対して、人生では自分のレベルが上がっても、だれも教えてくれません。

人生のレベル上げがつまらないと感じる時、戦った結果を数値化する事が出来ていないかもしれません。

 

こおり

こおり
資格の勉強を例に挙げて考えてみよう。

問題を解くことにより、自分に経験値が入ります。そうやってレベル上げをしていけば、資格の合格に近付いていきます。

けど、問題を何問解けば、それが実際の試験において、何点の伸びに近付いたのかが分かりません。

そりゃ、

こおり

こおり
こんだけ頑張ってるけど、本当にレベル上がってんのかな…。

と、不安になってしまいます。当然の事ながら、やる気は出ません。

 

その原因は数値化出来ていないところにあります。数値化出来てないからつまんない。だったら数値化すればいい。

ただ問題を解くのではなく、行動を数値化してみてはいかがでしょうか?

例えば、その問題を解くことで、実際の試験に置いて何点あがったのか理解する事は出来ません。

  • 何ペー ジ解いたのか
  • 何問解いたのか
  • 何時間勉強したのか

といった風に、自分の行動を数値化してみましょう。

 

やらないといけないから

こおり

こおり
やらなきゃ。やらなきゃ。やらなきゃ。

って思えば思うほど、

こおり

こおり
やりたくない。やりたくない。やりたくない。

ってなる。なんでだろうね。

 

自分の好きな事はいくらでも出来るのに、それが「やらなきゃいけない」ことになった途端つまらなくなる。

こおり

こおり
眠いんだけどもう少しやりたい…。

ってくらいのモチベーションでやれたらいいのになと。

 

その解決策は二つあって、それはこれ。

  • 発想を変える
  • やらなくてもいいって考える
こおり

こおり
どんな風に発想を変えればいいのか。

やる気が出ないから、行動しない。」じゃなくて、「行動するから、やる気が出る。」って考える。

つまり「やる気」と「行動」の順序を入れ替えてみる。

で、これを実践してみると、行動出来る。行動出来るとやる気が出る。やる気が出ると楽しくなる。←マジで。

 

それか、「やらなきゃいけない」ことを「やりたい」って思うには、「やらなくてもいい」って自分の中で位置付けるしかない

仕事したくないなら、辞めればいい。

こおり

こおり
別に他のみんなと同じような生き方をする必要なんてない。もっとゆる〜く生きてもいいんじゃないかなと。

関連記事

【1日で十分】電気工事士二種の筆記を10時間の独学で合格した方法

「キモいおっさんになりたくない」あなたに実践して欲しい5つのこと

コミュ力を上げたいなら、まずは他人に興味を持て

他人に期待してるアホいる?期待しないほうが人生楽しいぞ

時間がなくて本を読めない人は「Flier」を使えば万事解決

1つの会社でしか通用しない人材になった時点で、人生詰みゲーな件