入社早々「仕事辞めたい…」って考えてる新入社員に伝えたいこと

  • イメージとは違う仕事をさせられる
  • 社員がハゲ親父ばっか
  • 同期も変な奴しかいない
  • 時間外労働が辛い

様々な理由から、

こおり

こおり
会社辞めてえ…。

と考える新入社員は多いのではないでしょうか?

 

辞めたい理由は表面的なものだけではありません。

新しい環境に入るには想像以上にストレスがかかります。負の感情を持ってしまう。

それに今まで大学生という、ぬるま湯中のぬるま湯にどっぷり浸っていて、いきなり厳しい社会にぶち込まれる訳ですから。

 

そりゃ「辞めたい」って思うよ。

 

実はこの記事を書いているワイも、その気持ちを共有している1人です。

ついさっき入社しました。

ワイの場合、入社式の日から「辞めたい」って思い始めました(笑)。我ながら、「それはさすがに早すぎだろ」って感じですけどね。

 

けど色々と考えてみて、

こおり

こおり
もうちょっとこの会社で頑張ろう

って思ったんです。その理由をこの記事に纏めます。

『新入社員として会社で働き始めた』という同じ境遇を持つ1人の仲間として、「こんな事考えてるよ〜」って話です。

もしよかったら参考にしてみて下さい。

 

根本にあるのは「会社を辞めてもいい」という姿勢

こおり

こおり
別に辞めたってよくね?

だって今の会社を辞めても生きて行けるから。転職なり、バイトをやるなり、実家に帰るなりをすれば、生命が絶たれる訳ではないから。

ってかそもそも、会社にしがみつこうとする方が怖い。

だって、会社なんていつ潰れるか分からないから。

どんな大企業でも潰れる時は潰れてしまう。それは歴史をみればよ〜く分かる。ついでに言っておけば、終身雇用なんてオワコンだし。

だから、辞めたかったら辞めればいい。入社3日目でも辞めたかったら辞めればいい。今の会社に無理にしがみつく必要なんてない。

 

会社を辞めても構わないからこそ、余裕を持つ

別に会社を辞めたって、警察に逮捕されて人生が終わる訳でもないし、ヤンキーにボコボコにされる訳でもないし、借金を背負う訳でもない。

余裕で生きられる。まだ23歳だよ?やり直しなんていくらでもきく。

だからもっと気楽に考えよう。

今の会社にしがみつくんじゃなくて、もっと余裕を持って仕事すればいい。

こおり

こおり
別にクビにしてくれても構わないよ〜

ってスタンスを持っていれば、心に余裕が生まれる。

心に余裕が生まれれば、その瞬間を楽しめるようになる。

つまんない仕事よりは、楽しい仕事の方がいいに決まってる。

だったら余裕を持とう。

「別にクビにしてくれても構わないよ〜」って言葉にして発するのはよくない。心の底で思ってるだけで、余裕が生まれる。自信のあるボディーランゲージがとれる。だから、思ってるだけでいい。

 

「仕事は別に辞めてもいい」って余裕を持って、気楽に考えてみる。そこでもう一度自分に問いかけてみる。

こおり

こおり
今仕事を辞めることは、ワイが人生を楽しむことに繋がるんだろうか。

 

辛い事から逃げても人生は楽しくならない

こおり

こおり
辛い事から逃げても、人生は楽しくならない。これはワイが23年間生きてきて分かった経験則。

人生を楽しむ為には「成長」が必要で、成長するには少なからず「辛いこと」が付きまとってくる。

 

もしも「仕事を辞めること」が自分の人生を楽しい方向に進めてくれるなら、辞めてもなんら問題はない。

  • 本当にやりたい事が見つかった
  • 新たな目標が決まった
  • この場所から学べるものはもうないと判断した
  • 俗に言う「ブラック企業」だった

こういう理由ならさっさと辞めるべき。それもなるべく早く辞めた方がいい。

ちなみに「イーロンマスク」って凄い起業家はスタンフォード大学院を2日で辞めたらしい。全ての人が彼のようにすぐ行動出来る訳ではないけど、学ぶところはあるよね。

 

これに対して、「仕事を辞めること」が、人生をつまらない方向に導くなら辛いことをぐっと堪えて続けてみるべき。

  • 上司がうざい
  • やる気が出ない
  • 想像よりも仕事が大変だった

こういう理由で辞めようとしているなら、一回立ち止まってみた方がいいかも。

だって、辛い事から逃げても成長できないから。成長できないなら人生は楽しくならないから。

成長しないなら、同じレベルのことしかできない。

そんな人生クソつまんないでしょ。

関連記事

クソつまらない人生を1ミリだけ楽しくする方法

パワハラやばいとか、サービス残業を強要してくる会社だったら、迷わず辞める事を強く勧めておく。

 

会社に使われるんじゃなくて、会社を使えばいい

  • 技術力
  • 仕事術
  • ビジネスマナー
  • 利益を産む為の考え方

今の会社から吸収できることを全て吸収しつくした上で、次の選択肢に移ればいい。今その場で出来ることを全力でやるべき。学ぶのもサボるのも。

それが今の自分に必要か必要じゃないかは関係ない。

どっちにしろやらなきゃいけないんだったら、中途半端にやるより全力でやった方がいい。そうして得るものを得れば、将来的に点と点は線となる。

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。

You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

(引用: 「ハングリーであれ。愚か者であれ」  ジョブズ氏スピーチ全訳|日本経済新聞)

 

サラリーマンとして仕事をしていると、どうしても受け身的な仕事になってしまう。

上司に言われたこと、会社に指示されたことをある程度こなしていれば、生活に困らない程度のお金が毎月入ってくる。

けどそれに慣れてしまうと、人生は途端につまらなくなるんだろうなって思う。何故なら、人生を楽しむには主体性が必要だから。

こおり

こおり
もっと主体的に得られるものを貪欲に探して探しまくって、会社に使われるんじゃなくてとことん会社を使ってやる。

そうすれば成長できる。成長すれば会社に還元出来る。

これってWin-Winじゃん。

 

まとめ

  • 「会社を辞めたい…」って思うのは普通
  • 別に会社を辞めても大丈夫だから、その分余裕を持つべき
  • 人生が楽しくなる選択としての「会社を辞める」はアリ
  • 辛い事から逃げる為の「会社を辞める」はナシ
  • 会社に使われるんじゃなくて、使うべき

「成長」と「主体性」っていう2つのキーワードを持てば、仕事は楽しくなっていくんだろうなと思うワイです。

会社で働けば嫌な事とか辛い事はあるかもしれませんけど、それと同時に楽しい事もあると思うんですよ。

例えば「華金」とか。

金曜夜があんなに嬉しいものだと思いませんでしたよ。マジで。嫌な事や辛い事だけじゃないんですよ。多分だけど。

 

そんなこんなで、時には真面目に、時には手を抜いたりとかして、この会社から学べるものを学び尽くしたいなと思ってたりします。

こおり

こおり
じゃ、そんな感じで。

関連記事

女性と何を話したらいいか分からない時はバックか靴の話でいいのに

挨拶ができない大人とノーストレスで接するマインドセット

「ジェダイの哲学」を読んで、心に刺さった7つの言葉

「思考に気をつけなさい、いつか言葉になるから。」←マジだった

先輩が後輩に奢る風潮には従わなくていい

何かを変えたい?海外留学かワーホリ行っとけ