自己分析は就活どころか人生に必要な理由

自己分析を舐めてない?


自己分析?何それ就活に必要なんか?

そう考えている就活生いらっしゃいますでしょうか?

 

必要だよ。

 

余裕で必要。ってか就活どころか人生において必要になってくる。いい機会だから自己分析すべき。もう徹底的に。これ以上ない位自己分析すべき。


は?なんで?

そう思う人もいると思います。

分かります。ワイもそう思ってました。けど自己分析の必要性に気付いたので、就活が終わった後にやっと自己分析をしました。

こおり

こおり
冷静に考えて遅すぎですけどね(笑)。

 

得意分野で戦わないと勝てない

将棋が得意な人と、将棋で戦っても普通の人は勝てる訳がありません。けど、ボクシングだったら勝てますよね?

こおり

こおり
それと同じ。

人にはそれぞれ違った才能があります。得意分野、不得意分野があります。

自分の得意な分野で戦えば勝てるし、自分の苦手な分野で戦えば負ける。苦手分野で戦って勝てる程、世の中は甘くありません。

だから、自分の得意分野で戦わなければなりません。

ですが、自分の才能・得意分野って分かんないですよね?

こおり

こおり
だから、就活においても人生においても「自己分析」が必要!

 

ポケモンの場合、才能が可視化されている

例えばポケモンの世界なら、各ポケモンのステータスが分かりますよね?

ゲンガー

  • HP:60
  • 攻撃力:65
  • 守備力:60
  • 特殊攻撃力:130
  • 特殊防御力:75
  • 素早さ:110

こんな風に才能が可視化されています。

これを見れば、ゲンガーというポケモンが「特殊攻撃力」と「素早さ」が強いという事が分かります。それに対し、「HP」や「守備力」等の耐久力が弱い。

この場合、相手を素早く倒したいと考えるならば、「特殊攻撃力」と「素早さ」に努力値を振ればいい。

ただこの型はあまりにも一般的だから、相手の意表をつく「耐久型」にする為、「HP」と「防御力」に努力値を振るという戦略も考えられます。

 

こおり

こおり
あ、ちなみにゲンガーはこんな感じのやつね。

 

出典:ポケモン I LOVE GANGAR ゲンガー でっかいぬいぐるみ

 

ステータスが可視化されれば、そこから戦略を練っていける訳です。

逆にステータスが分からない限り、戦略の練りようがない。

「攻撃力」「防御力」どちらが高いか分からない。だから、どれに対して努力値を振っていいのか分からない。

得意も不得意も分からないなら、自分の長所を直そうとすることも、短所を改善することもできない。適当に努力値を振ったとしても、しっかり戦略を考えて努力値を振ってる奴に勝てるハズがない。

 

人の場合、才能が可視化されていない

  • アイデアを出す力
  • 人に影響を与える力
  • 行動力
  • 頭脳活動
  • 分析力

人の才能は可視化されていないので、何が得意で不得意なのかが明確ではありません。


そんなの自分で大体分かるだろ!

そう思う人もいると思います。

けど、冷静に考えてみてください。自分に自分は見えないんですよ。その意見はあまりにも主観的すぎて、客観性がないんですよ。

 

自分のステータスが分かってもないのに、戦略が立てられますか?

 

こおり

こおり
うん。無理。

かといって戦略を立てない訳にもいきませんよね。

自分のステータスが分からない限り戦略は立てられない。だから、自分のステータスを明確にする為に自己分析をする必要があるんです。

 

オススメの自己分析ツール

  • 無料なら「グッドポイント診断」
  • 有料なら「ストレングスファインダー」

この2つがオススメ。出来れば両方やった方がいいと思います。


あー自己分析とかだりーわ。

そう思う人もいるかもしれませんが、1回だけでもいいのでやってみて下さい。つまらなそうな自己分析も、やってみると意外と面白かったりするんですよ。

自分の強みを知れば、就活を優位に進めることができます。

就活を優位に進めれば、内定がもらえます。内定がもらえたら、就活が楽しくなります。就活が楽しくなったら、もっと努力したくなります。

最高のループ。

これは人生全体でも同じです。

  • 自分の才能を見つける
  • 得意分野で戦う
  • 勝てる
  • 楽しくなる
  • もっと努力する
こおり

こおり
最高のループに入って、楽しい就活、楽しい人生にして下さい!

関連記事

【無料】自己分析ツール「グッドポイント診断」がめっちゃ当たってる!

関連記事

パンチラの魅力について真面目に考察してみた

誕生日はめでたくない?

今日からワイは八方美人を辞めようと思う

成功しても成功なくても、そんなのどっちでもいい理由

「思考に気をつけなさい、いつか言葉になるから。」←マジだった

前田裕二さんの「人生の勝算」を読んで『人生の勝算』が見えた